ボーイズIIメンのファンのブログ boyziimen.jp

ボーイズIIメンの歴史

ボーイズIIメンはウォンヤモリス、ショーン・ストックマン、マイケル・マッケリー、ネイザン・モリスの4人によって結成されたヴォーカル・グループです。

 

結成当時。

 

ウォンヤが17歳、ショーンが18歳、ネイサンとマイケルが19歳でした。

 

結成してほどなく、R&Bグループのニュー・エディションが出演するラジオを見に行った時に、ニュー・エディションのメンバーであるマイケル・ビンスの前で、ニュー・エディションの「Can You Stand The Rain」を歌い、そのことがきっかけとなってモータウンと契約しました。

 

1991年にマイケル・ビンスとダグラス・オースティンをプロデューサーに迎え、デビュー・アルバム「COOLEY HIGH HARMONY」を発表し、全米で3位になる大ヒットを記録し販売枚数は600万枚を超え、「IT's SO Hard To Say Goodbye To Yesterday」と「Uhh Ahh」の2nd・3ndシングルは共にR&Bチャートで1位になりました。

 

92年に発表した「End Of THE Road」はエルビスプレスリーの記録を破る、13週間にわたって全米ポップチャートを独走しました。

 

その後もヒット曲を出し、2002年にマイケル・マッケンリーが健康上の理由で脱退し、3人でボーイズIIメンの活動を続けています。